若年性更年期障害について

若年性更年期障害の原因

なぜ若い女性に更年期障害が現れるのか?というと、過度のストレスや無理なダイエットが原因だと言われています。
女性も社会で働くようになり、不規則な生活や強いストレスを感じるようになった事で、ストレスが自律神経に働きかけ女性ホルモンのバランスを崩してしまうのです。
また働く環境にも大きな変化が生じています。
接客業では365日24時間営業している店舗も存在し、また看護や介護などの現場では3勤務制のシフト体制になっています。
他にも派遣や契約社員など、非正規社員が増えた事で収入が不安定になり、副業をする若い女性も増えています。
夜も働くようになり、生活が不規則になる事もストレスの要因となります。

無理なダイエットも、我慢を強いられるためストレスが溜まります。
加えて必要な栄養素が摂取できずに、栄養不足に陥ります。
そのため、生理が止まってしまう事も珍しい状況ではなく、若い女性にも更年期障害の症状が現れてしまうのです。
20代女性なら、学生から社会人になった事で、慣れない仕事に対するストレスも大きく、30代女性なら結婚や出産、子育てなどで生活環境は激変し、大きな変化が大きなストレスになる可能性があります。

女性の健康のためにある生活改善とは

では、若年性更年期障害になってしまったら、もう生理はこずに症状は治らないのか?というとそうではありません。
更年期障害の場合は、年齢的な理由のため、生理が復活したり、女性ホルモンが増加するという事はありません。
根本的な完治ではなく、症状を軽くするための治療が行われるでしょう。

しかし若年性更年期障害の場合は、原因を取り除く事で、若年性更年期障害は完治する病気です。
規則正しい生活と栄養のバランスのとれた食事で、ストレスフリーな生活を送るなど、生活習慣が改善できれば治ります。
ですが、一方で、仕事の勤務体制はなかなか自分の力だけでは、変えようがありません。
加えてストレス社会の現代で、ストレスフリーの生活を送る方が困難だと言えるでしょう。
もし若年性更年期障害の状況が続くようであれば、仕事よりも健康を重視する事を検討して下さい。
転職を考え、また上手なストレス解消法を見つけるなど、生活改善に務めるべきです。