女性がいつの日もいつまでも健康でいるための仕組みや流れなど

若い頃は無茶な生活をしていても、体力があるし、病気とは無縁かもしれません。
ですが、若い頃にどう過ごすかで、その後の人生の健康状態に大きく左右するという事を意識しましょう。

年齢別女性ホルモンのバランス

女性の健康を語る上で、女性ホルモンの存在を無視する事は出来ません。

年齢別女性ホルモンのバランス
更年期障害が閉経する事で、女性ホルモンの分泌量が激減する事で起こる症状という事は知っている人も多いでしょう。
では、50代になるまでは健康なのか?というとそうではありません。

女性ホルモンは繊細で、ちょっとした事ですぐにバランスを崩してしまいます。
思春期の頃は女性ホルモンが急激に増え、不安定な状態が続きます。
そして20代、30代は無理なダイエットや、妊娠出産などで女性ホルモンのバランスを崩してしまいます。

また40代になると、今度はストレスにより女性ホルモンのバランスが崩れます。
もちろん、20代や30代の女性もストレスを抱えていますが、40代になるとストレスの内容も多様化します。
仕事と家事と育児の両立だけでも大変です。
そこに、今度は介護の問題も考えなければいけなくなります。
多忙で時間に追われて、でも体力は若い頃のようにはないので、疲れやすく、なかなか疲労回復しない。
そんな中で休養不足と、ストレスが溜まり、健康を損なってしまう女性も少なくないでしょう。
そして50代になると、更年期障害が始まり、がんなどの病気の発病リスクも高くなります。
年齢に応じて、女性ホルモンの変化、生活の変化と、女性の身体は刻々と変化するため、変化に適応し健康を気遣う事が重要です。

女性の身体の健康と心の健康

心と身体は密接に結びついています。
心が健康でも、身体が健康でなければ、心も健康ではなくなってしまいます。

女性の身体の健康と心の健康
また身体が健康でも、心が健康でなければ、身体の健康も損なわれてしまいます。
そのため、健康でいるためには、心身ともに健康になる事を意識しなければいけません。

そして健康とは1日で作られるものでもなければ、1日で失われるものではありません。
時間の中でどんどんと変化していくものです。
生活習慣病という言葉が表す通り、いい生活習慣が健康を作り、悪い生活習慣が病気を作ってしまいます。
ではいい生活習慣とは、どのような点に気を付けるのか?というと、栄養のバランスのとれた食生活。
適度な運動と、良質な睡眠、規則正しい暮らしと、そしてストレスがない生活が無理だとしても、ストレス解消の手段を持ち、ストレスと上手に付き合っていく事が重要だと言えます。
女性の場合は専業主婦や非正規社員の場合は会社が定期検診を行っていないかもしれません。
ですが自費でお金がかかったとしても、必ず定期検診は受診するようにして下さい。

もちろん、このいい生活習慣とは女性に限定された話ではなく、男性の健康にとっても効果的な方法です。
ただし、男性と女性の大きな違いは、女性ホルモンとストレスの受け方だと言えるでしょう。
女性ホルモンは視床下部から分泌され、自律神経でコントロールされます。
そしてストレスも自律神経でコントロールされるため、ストレスを感じるとすぐに女性ホルモンに影響を与えてしまうのです。

加えて近年女性の社会進出は大きく進みましたが、女性が働きやすい環境整備は遅れています。

女性が大きく社会進出できる環境を整えていきたい
託児所が不足していたり、また共働きでも男性が家事や育児をするという意識が低い人が多く、女性が社会に出て働くという事は、女性の負担のもとで成立していると言えるのではないでしょうか?

女性の健康のためには、社会の仕組みから大きく変えていく必要があると言えるのではないでしょうか?